B.B. makes me happy vol.3

ブログトップ | ログイン

<   2011年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

待つ


動物病院で順番を待つ

c0199847_1001487.jpg


しっかり抱きしめて待つこの時間が
どういうわけか私は好きである
心配と不安が渦巻いているけれど
震えている息子をしっかり抱きしめて
おかあさんがついている おかあさんが守ると抱きしめながら伝えられていると感じるから

それに今日は先生とお話するだけだったし
B.B.は怖いことも痛いこともなかったでしょ
大丈夫

c0199847_109276.jpg



図書館で借りてきていた、
湊かなえ著「少女」
瀬尾まいこ著「強運の持ち主」
村山由佳著「きみのためにできること」
読了

図書館に行かなくちゃ、と思ったのは
どんどん家の中に本が増えるから
色々な作家の作品を気兼ねなく読みたいから
そして、あの揺れた時に、本棚からたくさんの本が落ちた
それも考えさせられたから

早速図書館で予約をしたものが届いたよとメールがあった
明日仕事の後に寄ろう
by lovebblove | 2011-03-29 10:48

looks like B.B.

早朝からの勤務が続いている
夕方にあがって 急いで帰宅してB.B.の病院へ
で 病院のドアに「CLOSED」とあり気づく 今日は日曜日
日曜日は午後は休診
土日になかなか休まない仕事をしていると 曜日がわからなくなる
明日 また来よう


今日はホテルで試飲会をした
「ワイン?」と喜んでいたのは私だけ みんなに苦笑された
お部屋に置いている紅茶などを切り替えるということで
といっても時間が取れるはずもなく 
事務所にポット持ってきて入れて
たくさんのサンプルを次々飲んでみる
最後はよくわからなくなった

個人的には紅茶はアールグレイが一番好き
もとい アールグレイじゃないとイヤ
アイスティーによいアールグレイをアツアツで香り高くして飲むのが好き
これじゃないとユズレナイというものばかりが増える
それとは反対に
これぐらいでショウガナイということばかりも増える

諦める諦める諦める
というより
受け入れる受け入れる受け入れる
静かに




B.B.にはユズレナイ寄り道


c0199847_19405467.jpg


何が見えると思う?

ずっとずっと立ち上がって探すんだから

なかなか動かなくて大変なんだから







c0199847_19451056.jpg



B.B.似のネコちゃんだよ

よく似てるんだよ
by lovebblove | 2011-03-27 19:50

White Magnolia


金曜日午前中はB.B.の病院に行ってきました
空気は冷たいけれど陽射しは暖かい
先日よりしばらく1日おきに病院に行くことになり
ふたりで歩きます
病院までは意気揚々を私をグイグイ引っ張り小走りの息子
病院の中に入ると耳はペタリ腰はひけ
私に抱っこをせがみます
情けないほどブルブル震えます
大丈夫だよ 息子
おかあさんがついている

家に帰り洗濯と掃除を終えてから
近くの図書館に行きました
やっと登録して3冊借りてきました
今はネットで読みたい本を予約できる
ありがたい
早速8冊も予約してしまった

暖房を消しているから息子とくっつきながら本を読む

こうやって少しずつ私はうわうわした頭の中をむりむり冷たくさせています


c0199847_5232153.jpg


c0199847_5255994.jpg


c0199847_5263963.jpg

by lovebblove | 2011-03-27 05:30

Winter always turns to spring


散歩道に木蓮が咲き誇っています
沈丁花の香りに包まれる道もあります


月の光に照らされた白い木蓮は
それはそれは美しく
凛としていました


少しでも救われるのはこれから必ず春がやってくるのだということ





毎日の心ないクレームに胸がえぐられた
心が折れた
人間というものはこういう時に本性が表れるものなのだろうかと
人間というものはこういう時にも自分のことだけを考えるものなのだろうかと
クレーム処理に少なからずとも慣れている私ではあるが
絶句してしまうことが多かった


3月19日 朝日新聞にあった、映画監督の山田洋次さんが語っていたことを切り抜いて持っていた

以下抜粋

「家を失い寒風にさらされている人に、海に襲われて水の中で果てた人に、東京の家の中から何かを言うことなんて…とてもできませんよ。

 こんな時、自分たちに何ができるのかという声をよく聞きます。
 それも大事だけど、被災した人たちの悲しみや苦しみを、僕たちはどれくらい想像できるのか。そのことがとても大事だと思うのです。現地の人たちの心の中をどれくらいイメージできるのか、自分に問いかけ、悩む。そこから何かが学び取れるのではないでしょうか。

 被災地とはまったく比較にならない苦労ですが、関東地方ではいま停電が起き、通勤電車には長蛇の列ができています。大勢の人が、愚痴も文句も胸に納めて、整然と、黙々と行動しています。遠くで厳しい現実に耐えているたくさんの人たちのことが、頭の中にあるからではないでしょうか。
 
 貧弱な想像力を懸命に働かせて、被災地の人たちを思い続けたい。そうすることでつながっていたい。今はだた、そう思っています。」
by lovebblove | 2011-03-22 18:56

産まれた日

メソメソしたメールや電話ばかりしていました
ここでもメソメソしていました

今朝、友達からきたメールは、私のメソメソを吹き飛ばすものでした

「被害が少なかったオレたちが今できることは、働いて、一生懸命いつものように働いて、日本の経済活動を止めないことです」

そうだ 今、私ができることをやるんだ
私にできることは、いつものように精一杯働いて、不安でいっぱいのお客様を笑顔で迎えて安心させるんだ
キャンセルの電話を受け、うちに帰れない方の予約を受けるんだ
輪番停電の時にも、滞りなく運営するんだ

そして、節電をするんだ
使っていないコンセントは抜いて、必要ないのであれば、電気は消すんだ
もっともっと節電するんだ

少しでもいい 
被災地で手助けができないのならば 募金をするんだ
今はインターネットで募金ができる
どこからでも募金ができる

例えばYahooの募金はこちら

日本赤十字社が行っている募金活動はたくさんある
募金箱が置いてあるところだってある
私たちのホテルにも置こうと言っている



今日は輪番停電が、午後からうちのホテルのある地域であるから、その対応に追われた
自家発電があるとしても、まかないきれないのがホテルだ
問い合わせやご案内に追われた
そしてキャンセルの電話がひっきりなしに鳴る
それと同じぐらい、近くの会社からたくさんの予約が入る

電車の運休が急に夜中に決まったので
来られないスタッフが多い
ギリギリ昼まで残業をした
今夜は4時間早く行く 2時間眠れるのは御の字だ

私は私の今できることを精一杯やるんだ
ベストを尽くすんだ

菅さんも言っていたじゃないか
「日本人の底力を問われるときだ」と

私たちには知恵がある そして思いやりと溢れんばかりの愛情がある






不謹慎かと思ったが 私がこの世で一番愛する息子の誕生日だったので
お祝いをした
おかあさんと息子で
静かに お祝いをした

3月12日で、息子は10歳になった
3月12日になった時刻に、お祝いをした
くしくも、11日に地震があり、B.B.を抱きしめて震えていた後だった

c0199847_13273215.jpg


10歳だ
一緒に生きてきた10年だ
おかあさんのことを、ずっと見ていてくれた10年だ

c0199847_13291295.jpg


毎日変わらず愛を惜しみなく示してくれる息子に
私は毎日ちゃんと愛を返しているのだろうか

息子にも色々な思いをさせてきた
色々な環境に合わせてきてくれた

c0199847_13441465.jpg


息子が幸せだと感じてくれるのであれば
私はそれを全力でやりたい
私が望むすべてを息子は示してくれるのだから


c0199847_13445372.jpg


私の心の襞や ほんの少しの歪でも
息子は感じ取ってしまう
だから私は 贅沢になってしまったんだ
愛情を惜しみなく注いで注がれてということに贅沢になってしまったんだ

c0199847_13353053.jpg



やりきれないことがあっても
イヤミで最悪な女であっても
息子はそれでもおかあさんがいいと
それでも私がいいんだと
一生懸命 言ってくれる

B.B.が私の息子でいてくれることを心から感謝します

産まれてきてくれて 本当にありがとう

私はこれからも君を全力で守り、愛するよ
by lovebblove | 2011-03-14 13:50

願う

さきほど帰宅しました


地震後の様子を聞きました

ホテルは早くから満室になり、1階の入り口にも、フロントのある5階のロビーにも、朝まで人が溢れていたそうです
家に帰れない方たちが、部屋を求めてきて、1階には「満室」とご案内を出していたけれど、トイレや暖を取るためにたくさんの人だったそうです

夜勤シフトのスタッフは電車が動かないので来られず、でもひとりだけ、1時間以上かけて自転車で来た子がいました
朝からの支配人、マネージャー、昼からのスタッフが寝ずに夜を乗り切ってくれたそうです

ホテルのまわりはすべて停電で 外は真っ暗 スーパーもコンビニも真っ暗で
それなのに煌々と照らされたホテル内は ざわめき怒鳴る人たちで溢れ 落ち着いていただくのに大変だったそうです

どうして部屋がないんだ!と掴まれたスタッフもいたそうです
「空」と書いてあるじゃないか!と駐車場の電光案内を指差し詰る方もいたそうです

パニックだったと


昨夜は落ち着いていました
けれど たくさん泊まっていらっしゃったロシアからのお客様が皆様翌日チェックアウトすると仰いました
返金やクレジットカードの金額変更や 本当にたくさんの方がお泊りだったから フロントにはロシアの方たちで長い時間いっぱいでした
ロシアにお帰りになるのだそうです 残り20泊ほどキャンセルする方たちばかりでした
「原子力」という英語が飛び交っています
「チェルノブイリ」という単語も聞こえます
「原子力発電所」がどんな状態なのか、聞かれます
私は官房長官が言っていることがよくわからなかったから うまく英語で説明できません



事務所ではずっとNHKをつけています
お客様からの問い合わせがあるのでつけていないといけない

でもどうしても無言になってしまって

でも ポツリポツリと 地震の時にどんな状態だったかの話を 今日も頑張ってくれたスタッフと話します


朝刊が届きました
それを読んで涙が流れました




仙台の2ホテル 福島 青森 山形 秋田 この6ホテルは当たり前ですが全く営業できていませんし 地震の時に お客様もスタッフもホテルから避難し その後ホテルがどんな状態なのかわからないそうです

うちのホテルに勤めている宮城県松島がご実家の子からメールが来ました
ご家族は無事だと ただ避難所にいるのか どこにいるのかはわからないそうです 
全面停電だしおばあさまはご高齢だし心配だと

仙台でひとり暮らしをしている弟さんと連絡が取れないと
祈って祈って祈りました
先ほど 弟さんから連絡が来たとメールがありました

青森がご実家の子は ご家族は避難して無事だと
でも仙台の大学を卒業した彼女は お友達が気仙沼に多くいて いまだ連絡が取れないと泣きます
家が流れてしまった人も多いのだと



テレビの画面では繰り返し繰り返し信じられないような映像が流れます
想像を絶する人数が片隅に書かれています
私はうまく息ができません
胸がつぶれてしまってうまく息ができません
こんなにも忙しい夜勤なのに 全く時間が経ちません


朝から勤務のスタッフたちが来ました
地震の後、彼女たちはシフト表を見たそうです
それは 私が休みかどうかを確認したんだそうです
ナオコさんがB.B.チャンといられたかどうかを確認をしたんです、と

休みだからきっと一緒にいるはずだと思ったと
安心したと





温かい部屋の中で
鮭を焼いてお茶漬けを食べ
お風呂に入り髪を洗い
こうやって文章をあげている

当たり前のことが 当たり前ではないのだということを
こんな風にしか こんな時にしか 感じられないのだとしたら
それはなんと意地の悪いことだ
それはなんと悲しいことだ

なんでもなかったかのように
明け方のホテルのロビーはひっそりと怖いぐらいに静かで

それが余計につらかった



不安な時間 苦しい時間を過ごす方々
絶望と戦っている方々に
私なんかが言えることもできることもないのだけれど
少しでも早く温かい安心した場所と時間を迎えることができますように
願うばかりです
by lovebblove | 2011-03-13 11:28

祈る

東北地方で大変な地震が起きました

昨日私は休みでした
14時46分 歯を磨いていました
急にぐわりと足元が揺れ 私はめまいを起こしたのだと思いました
その後すぐ 壁がミシミシと音をたて
大きな大きな揺れが続きました

私はすぐにB.B.を抱きしめ
リビングの真ん中に座りこむことしかできませんでした

本棚や食器棚がガタガタと揺れ
上に乗せていたものがバタバタと落ちました
本棚も食器棚も倒れるだろうと思いました

長く長く揺れました
大きな揺れでした

震えるB.B.を抱きしめ
どうしたらいいのかわかりませんでした


テレビをつけました
とても大きな地震が起こったのだとやっと現実に引き戻されました


家の電話が鳴りました
妹と母からでした

携帯はずっと通じません
メールもできません

なんとか繋がった家の電話からホテルに連絡をし、皆の様子を確認しました


眠れずに夜を過ごしました
一夜明けて 甚大な被害を目の当たりにしました
その光景を呆然と見ることしかできません

東京であれだけの怖さを感じたのだから
東北地方の方々のことを思うと胸が張り裂けそうです

やっと、溜まったメールを見ることができました
私は心配でおかしくなりそうだったけれど誰にもメールができませんでした
繋がらなかったからです

たくさんのたくさんの方から 大丈夫か、と入っています
アメリカからもメールをありがとう

私は大丈夫です B.B.と一緒にいられたことが、奇跡のようでした


昨日の夜は 前々からずっとずっと楽しみにしていた佐渡裕指揮 辻井伸行ピアノ BBCフィルのラフマニノフでした
中止になりました
心から楽しみにしていたこのコンサートに行かれないことを少し悔しく思いました
そう思った自分が恥ずかしくなりました


首都圏は電車がすべて止まり、昨日家に帰れない方がたくさんいらっしゃいました
男友達は歩いて帰宅して連絡をくれました
相方は会議先から歩いて会社に戻り、すべての社員に無理に帰宅しない方がいいと指示し、翌日を待ちました
ホテルのスタッフはみんな泊まりましたが、お子さんのいらっしゃる方はやっと見つけたタクシーで帰宅したそうです
友達は靴を買いパンプスを履き換え、歩いて帰宅したそうです
違う友達は一番近い友達の家に歩いていったそうです
そんなメールがたくさんたくさん入っていました
B.B.とナオコは一緒にいるのか、とたくさんたくさんメールが入っていました



東北地方には姉妹ホテルが6つあります
仲良しの子たちもたくさんいます
東北地方にご実家があるスタッフもうちのホテルにいます



私は ただ 祈るしかありません
どうかこれ以上つらいことが起きないよう祈ることしかできません



今夜はこれから夜勤です
今日一緒のスタッフ2人から「地震が怖いから、行きません。ナオコさんはどうしますか?」とメールがきました
「私は行くよ」と送りました
「Bちゃんはどうするんですか?」とまたきました
「落ち着いているから大丈夫だよ」と嘘をつきました

私だって怖いです
できることならB.B.のそばにいたいです
でも私は行きます 地震の後も働いているスタッフがたくさんいます
私たちだけじゃない、今も心配を抱えながらもずっと仕事をしている人は、日本中にたくさんいます
怖いからって行かないで済むことがあるはずもなく
でも強制もできません

昨日が休みでB.B.を抱きしめていられたのが奇跡でした
もし 昨日ホテルにいたならば B.B.と離れていたならば 私はどんなことをしてももちろん家に帰ったけれども ビビリのB.B.がどんな思いでいたかを考えたら
 

お客様もキャンセルの方が多いことと思います
ひとりでもなんとかできるはずです
ちゃんと助けてくれるスタッフがいるはずです


災害の影響を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます
祈ります
by lovebblove | 2011-03-12 19:06

Wine

昨日の帰りは寒かった
終電で帰宅
強い風にウンザリ
B.B.にはまたモコモコを着せた


先日やっとKちゃんと飲めたー
ふたりで会うとしたらやっぱり「Bacco」@大森

c0199847_105411.jpg

リハーサル コンサート 練習 その他にもお仕事が忙しいKちゃん
シフト制の私
なかなか時間が合わない でも諦めずに連絡を取り合い 急に飲めることになった
テンションあがるー

Kちゃんが待つ店内に入り コートを脱ぎながら座る前にもう堰をきったように喋ってる私
だって久しぶりなんだもん
話すこといっぱいなんだもん

生ビール 白 赤 とスルスル飲み進む

c0199847_10104361.jpg



相変わらず美味しいBacco
そして喋り足りずにもう一軒
タクシー飛ばして「燻製キッチン」@大井町 へ

c0199847_10132569.jpg


南アフリカの赤うまー

今回もまた喋り倒した
仕事のこと 恋のこと 生活のこと お互いの愛する犬のこと

アメリカにいた頃 やっぱりワイン片手に色々話した
しっかりした考え方を持ち 私の知らない世界をたくさん知っている彼女
会えば元気をもらい さあ私も明日からしっかりやっていこうと思わされる


カウンターに置いた私のバッグ
いい感じね と笑い合う

c0199847_1019090.jpg


Baccoで飲み切らなかった赤をつっこんであったから



来月のブラームス、心から楽しみにしているよ

よい春を!
by lovebblove | 2011-03-10 10:19


三寒四温とはよくいったもんだ
雪が降ったと思えば今日はとても暖かい

散歩の途中で大好きな沈丁花が香るようになって
梅の花がかわいらしく咲いていて
木の芽がぷっくらとしていて

B.B.もハダカンボでタッタカ歩く


私は花粉症ではないので春を楽しんでおりますが
花粉症の方はつらいね


桜も楽しみだな
新しいおうちに移って初めての桜の季節



そして春になった楽しみといえば
31-Baskin Robbins の春のフレーバー
「バーガンディチェリー」

c0199847_9503020.jpg

毎年楽しみに待っています
子供の頃から必ずこのバーガンディチェリー(ピンク色のね)
小学生の頃、スイミングスクールの後とか必ず寄っていたから
昔は通年食べられたのよ
いつからか春だけのフレーバーになってしまった
だからこの時期にたくさん食べておくのだ





今週はB.B.のバースデーウィークです
まずはプレゼントとしてクッション

c0199847_9545596.jpg

フッカフカですね



数時間後



c0199847_956254.jpg

by lovebblove | 2011-03-09 10:01

寝起き

先日の土曜日は午後からワタルの待つ実家へ
美術館のお土産を母たちに渡したかったから
急に 行くわー ってな感じで

妹夫婦とワタルは4月からの保育園の説明会へ午前中行っていたそうだ
ワタルももう保育園に通うようになるんです
感慨深すぎます
これから色々な人と触れ合って色々なことをやって大きく大きくなるんだぞ
ワタル!

お迎えに行く人のリストにはオバチャンも入っているんだぞ
オバチャンそれが嬉しいっす
迎えに行っちゃうっす

午前中寝ないでいい子に説明会にいたワタル
可愛い保育士さんに抱っこされてご満悦だったそうだ
ジェラシー

ま、午後ゆっくり眠って起きたところです
なかなか泣かないワタルだから
ギャンギャン泣いているところを撮影したいんだけどなー
泣きませんなー

007




急に行ったけど「お昼食べてない」って言ったら
すぐにママちゃんが美味しいものを出してくれた

フィリピンおかゆ

c0199847_1292854.jpg


すごい量だとお思いでしょうが このおかゆの中に骨付きチキンがゴロゴロ入っているから多く見えるのでーす

浜松の叔母は英語と日本語の先生をしておりますが
フィリピンの生徒さんから教わったおかゆでありまして
それを母もレシピを教えてもらって作っていて
私は話では聞いていたけれど初めて食べた
生姜と大蒜が効いていて チキンの旨みとレモン汁のさわやかさで ものすごい美味しかった
鍋ごと食べたいぐらいだった

お粥ラブ




美術館で私が必ず買ってしまう物は 気に入った沁み入った絵のポストカード数枚と
クリアファイル 
それもA4じゃなくてB5とかハガキサイズとかの小さいファイルが大好き
別に美術館のスーベニアショップでなくても どこでも小さいファイルを見ると欲しくなってしまう
小さなファイルに色々それぞれ入れるのが好き
領収書やシフト表や大切なハガキやあの人に送る手紙や
思い入れのある小さなファイルが鞄に入っている
これからも小さなファイルを買っちゃうよ
by lovebblove | 2011-03-08 12:40