B.B. makes me happy vol.3

ブログトップ | ログイン

- Ⅷ 島の猫ちゃんたち


私は猫も好きです
B.B.は猫を見つけるとウワワワッてガウガウガウッっていくので
私はいつも猫ちゃんを撫でることもできず

島には猫ちゃんがたくさんいました
ここには猫がとても似合う
のんびりと愛されて暮らしている猫がとても似合う

c0199847_11114059.jpg


c0199847_1111569.jpg


c0199847_11121026.jpg


猫ちゃんを見つけるとひとしきり撫でたい私
猫が苦手な相方

c0199847_11134789.jpg


c0199847_1114320.jpg


c0199847_1114177.jpg


ただ、温かい身体を撫でていると
どうしてもB.B.を今すぐ撫でたい衝動に駆られ
ゆっくり呼吸をして
立ち上がる
# by lovebblove | 2011-12-01 11:17 | trip

- Ⅶ 犬島


直島から高速船で犬島へ
犬島では昔からの精錬所の跡地を使った作品を見ることができる

c0199847_032294.jpg
c0199847_0324935.jpg
c0199847_0331523.jpg
c0199847_0333413.jpg
c0199847_0335655.jpg
c0199847_0342629.jpg
c0199847_0344523.jpg


そして犬島でも家プロジェクトがあり、静かな島を歩いて見て行く

古い街並みに急に現れる
今驚いたはずなのにもう馴染んで見える風景
不思議な感覚

c0199847_0362523.jpg


私はこの島で欲しいと思っていた物が、お店がお休みで買えなかったので、絶対に絶対に、また訪れる

直島と犬島

直子とB.B.だ

こちらもとてもとても素敵な島だった





犬島ランチ

c0199847_04358100.jpg


たこめしと犬島ジンジャーエール

最高



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



最近のお気に入りはドラマ「深夜食堂」
前クールの時から好きだった
静かな夜に
マスターの作る豚汁にやられる
静かな静かなドラマ
こんなお店があったら私も通いたいなぁと
ガチャガチャしていないから
なんだか静かに色々思いながら観る
私はマスターに何を注文したいだろう
鮭をこんがり焼いてもらって白いご飯かなぁ
ハヤシライスとかもいいなぁ
いや、お酒に合わせるのなら、う巻きとかもいいかも
それに辛い辛いわさび漬け
そして豚汁

昨日は白菜漬けだった
おばあちゃまが漬けていた白菜漬け
それが
とても
食べたい
# by lovebblove | 2011-12-01 01:04 | trip

- Ⅵ 直島時間

c0199847_9233222.jpg


瀬戸内の海はとても穏やか
朝陽も夕陽も凪いだ海に輝いて
それはそれは綺麗だった


c0199847_9235814.jpg


c0199847_9242496.jpg



夕食はホテルで一緒に予約をしておいてくれた
1日目の夜はフレンチ、2日目の夜は日本料理で懐石だった

c0199847_9475931.jpg


c0199847_9482847.jpg


c0199847_9485933.jpg




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


旅行から帰ってきてからもたくさん本を読んでいる

最近ハマっている気がします、沼田まほかる
「痺れる」
これもとても響いた
夢中で読んだ
怖かった 
まほかるは、人間の根っこのドロドロした部分、見せないように皆が隠しているところ、それをジワリジワリと目の前に少しずつ出してくる感じである

東野圭吾 「マスカレード・ホテル」
ホテルで働いているからか、そうそう!と、なんともありありと描かれていた
日々お客様の対応に頭を悩ましている者としては
素直に面白かったです

川上弘美 「どこから行っても遠い町」
これは旅行に持って行った
でも旅行が充実しすぎていて、帰りの新幹線の中で読んだ
とても よかった とてもとても


他にも夢中で読んでばかり
読んでいる時には気にかかることは心につかえていることはすべて忘れてしまうから
# by lovebblove | 2011-11-30 10:07 | trip

- Ⅴ  家プロジェクト


c0199847_18113746.jpg


直島の昔から続く家々があるところに、数々のアートがある
そのままの家屋の中に作ったもの、溶け込むように建てられたもの、
ひとつひとつをゆっくり歩きながら見て行く


路地の奥の普通のお宅でさえも、ここではとても絵になる

c0199847_18115769.jpg



c0199847_1812308.jpg


歩くのが本当に楽しかった
気持ちよかった

c0199847_18125358.jpg



この家プロジェクトの中で、ジェームズ・タレルのアパーチャーシリーズのひとつ、「バックサイド・オブ・ザ・ムーン」というインスタレーションがあった

南寺という建物の中、真っ暗、本当に何一つ見えない漆黒の闇の中に入って行く
自分の身体さえも全く見えない 手のひらさえも全く見えない
黒々としたこれほどまでの闇

壁から手を離さないで、と言われ、ゆっくり歩いて行く
もうこれだけで私には恐怖だ
もともと鈍感な私だ これほどまでに何の光もない真っ暗闇の中でどうしたらよいのか不安になる
先に入って行った相方の気配でさえも 感じることができない
やっと行きつくところまで行き、そこに座る
隣に相方がいることを触って確認して少し安心する

ゆっくりゆっくり15分ほどの時間をかけて、本当にうっすらと、目の前に四角い光が見えてくる
しかし、その見えてくるまでの長すぎる時間がとても私を不安にさせる
たったひとりで、果てしなく広い空間にポツンといるような気分になってしまう 寂しい
そして、その四角い光は本当にそこにあるのかどうか もしかしたら私の思い過ごしかもしれないと思う気持ちの方が強くなるほどの、薄い薄い薄すぎる光だった

でも実は、それはずっとそこにあった

不安な闇の中でも、瞼の裏に出来た光の記憶のようなその光を、慣れてきた目が捉えることができた


とても面白い作品であった


以前もこのブログで書いたことがあったが、現代アートを理解する、ということは私にはできないけれども
その作品を見て、美しい、綺麗だ、怖い、不安だ、恐ろしい、つまらない、そんな風に私は感じるのだということを知るということが、私は面白いと思うのだ
今までクラシックなアートの方がどちらかといえば好きであった 
相方の影響で現代アートの面白さを知るようになり、ここ直島にもいつか絶対に訪れたいと思っていた

もう一度見たいものもたくさんある
見られなかったものもあった
瀬戸内の他の島にも見てみたいものがある
いつか また
# by lovebblove | 2011-11-27 18:56 | trip

- Ⅳ 直島時間


地中美術館へ

素晴らしかった

ウォルター・デ・マリア 心に迫った

うまく言葉に出来ないのだが
この美術館は素晴らしかった

コンクリートで無機質に囲まれた中に
それらがそこにある
不思議とそこにくっきりと浮かび上がる作品たち

そして安藤忠雄は切り取られる空も計算しているのだと思わされる

きっと、この直島の空を一緒に見て、この美術館は完成されるのだと思う

c0199847_1603775.jpg


c0199847_15574428.jpg



c0199847_16103884.jpg




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こうやって直島の思い出を綴っていると
ほんの少し前のことなのに
随分前のことみたい

いつも通りの毎日があり
先週はずっと姉妹ホテルである横浜馬車道にまた接客向上のための指導に伺っていた
難しいことではあるが、一生懸命伝えたい
前回から目を見張るほどよくなっているスタッフを見ていると
とても嬉しい


ただ、毎朝鏡を見て自分に問いかける時に
納得がいかない ちょっと違うよな って
そう思っていることがもう終わっているな

40歳 改革開始
# by lovebblove | 2011-11-27 16:29 | trip

- Ⅲ 直島時間


直島はアートの島としてあまりにも有名であるが
ベネッセが運営する美術館、ホテルがあり
今回そのベネッセハウスを予約しておいてくれた

ホテルの中にも作品がたくさんあり、各部屋にもある
私たちの部屋にはジェームズ・タレルの「ファーストライト」があった

なんという贅沢

c0199847_15411739.jpg


c0199847_15431499.jpg


c0199847_15433515.jpg



瀬戸内の海は穏やかで またちょうどとてもよい天候
ホテルの前にもたくさんの作品

c0199847_15493046.jpg


c0199847_15511840.jpg


c0199847_15515416.jpg


c0199847_15521858.jpg


気持ちの良い風の中で 幸せだった
# by lovebblove | 2011-11-27 15:54 | trip

Surprise Trip for my B-day - Ⅱ 高松~直島


高松について朝ご飯はもちろんうどんだ

c0199847_23125627.jpg


うまし

c0199847_23133955.jpg


高松の親切な青鬼くんと



高速船で直島へ

c0199847_23253326.jpg


穏やかな瀬戸内の海
近づいてきた直島

c0199847_2327432.jpg



ずっとずっと来たかった直島
ありがとう

c0199847_23315790.jpg


c0199847_23321427.jpg

# by lovebblove | 2011-11-26 23:38 | trip